実は危険!絶対遭遇したくないコヨーテ。




カナダのバンクーバーに来て、野生動物が身近に生息していることに驚きました。
リス、アライグマ、ウサギやスカンクなどが家の裏庭や公園をウロウロしています。


日本の田舎で育ったけど、ウサギですら小学校の飼育小屋とふれあい動物園でしか見たことないような…。笑


また日本では動物園でも見られないような動物、エルク、ムース、マウンテンゴート、ブラック・ベアなどの野生動物が数多く生息しているそうです。(まだ見たことない。)

大型の野生動物はまだ見たことないけど、私が出会った野生動物で1番びっくりしたのは、何と言ってもコヨーテ。





ある夜、彼氏に家の前まで送ってもらって車で少し喋っていたら、ハスキーのような大型犬が車を横切るのを目にした。でもよく見ると犬じゃない!


なんとコヨーテ!!!NHKの教育番組でしか見たことない生き物が普通に住宅街をウロウロしてる(;´Д`)




パッと見ると犬やけど、キツネみたいな顔をしてた!
それにオオカミのような鋭い目つきをしていて、あたりを見渡しながら道路のど真ん中を堂々と歩いてた。




コヨーテはメキシコ・中米から北米全般と広範囲に渡って生息しているそうです。また縄張り意識が強いのと、夜中から朝方にかけて行動するそうな!


私の家の近くに公園があったので、そこを住み家にして、夜中にエサを探してるんじゃないかと思われる。








イヌ科やし犬と思えば可愛いなとは思ったけど、コヨーテについて調べると意外に危険な動物だった…。


・犬より足が長く俊足で、顎の力も犬より強い
・群れで狩りをする
・通常は、ウサギやネズミを狩る
・彼らの生息するエリアが人間と近い場合、ペットや人間の子供を襲うことがある
・人間の大人も、ハイキング中にコヨーテ2匹に襲われて亡くなった例もある


俊足で、顎の力も強い…
逃げたとこで追いつかれるし、喉元噛まれれば終わり!(;´Д`)
しかも群れで狩り。
想像しただけで怖い…(・_・;))






そこでコヨーテに遭遇したときの対処法を調べてみました。


・コヨーテが近づいてきたら決して恐れているところを見せてはいけない。
・正面からコヨーテの目を見て視線を外さない。
・石などをぶつけたりして、怒鳴る。


冷静に考えてみても人間が野生動物に勝てる気がしない。(笑)
こんな動物に牙むかれて、唸り声を出されると、逃げたくなるよな…。
丸腰で出会いたくないけど、これは覚えておこうと思う!(笑)


私が見た中で1番ビックリした動物でした。


可愛い動物エピソードはまた次の機会にします。


Thank you for reading, xoxo♡