ライブペイントとオークション。

先週のことになりますが…
グラフィックデザイナー/コミックアーティストの彼氏が、ライブペイント(イベントなどで、即興で絵を描くこと)を行いました。


彼は、今まで何度もライブペイントした事があるみたいやけど、私は今回見るの初めて!これは、彼の友達のチャリティーイベントにて、こういった機会を頂けました。

My boyfriend is a graphic designer/comic artist and he did a live-painting last weekend. 

It was his friend's charity event. My boyfriend have done live-painting many times but I have never seen him doing it before, so I was very excited :) 



今回の彼の絵は、オークションにかけられることになりました。
その金額は後ほど…

彼のライブペイントの様子を動画におさめて編集したので、ご覧下さい(^^)




彼がライブペイントをする際のこだわりポイントは…

・素手で描くこと
・何を描くかは即興で決める
・色は、その時の会場のイメージや雰囲気から感じ取り表現する

真っ白なキャンバスが、どのように変わっていくのかを見ているのがめちゃ楽しかった!それに筆を一切使わずに、細かいながらにもここまで大胆な絵を仕上げるのが、純粋にすごいと思う。しかも、それを即興で思いつくなんて、彼の頭の中がどうなってんのか気になる(笑)アイデアの宝庫なんかな?



彼は、ライブペイント始まるまで「何描こうかな〜」と考えてたし、始まった途端にスラスラ書き始めた!!!(◎_◎;)子供たちに囲まれて、美術の先生みたいになってて、子供たちに色を決めてもらったりして色をのせてた。



人と違った見方をして、それを表現できるのが素晴らしい。私の絵心は、5歳児レベルやから羨ましい(笑)彼には、人や音から”色”を感じることができるらしく、それをキャンバスで表現しているようです!なので、バックの色合いがそのように仕上がったみたい。

彼が描いている間、じっと眺めたり、興味津々で話かける人やオークションの用紙に金額を書く人が何人もいたり…。



初めは、$100(日本円で8600円)くらいからスタート。
$300(25,800円)くらいで一旦止まり、私も彼も「充分な金額やね(^^)」と話していて、作業を続行していると…ブルース・ウィルス似の渋めのおじ様が「私もお金を出すよ!ハハ!」と陽気にオークション用紙に金額を書きました。


見てみると…

一気に$1,000(86,000円)までに!!!


見事…ブルース・ウィルス似のおじ様が、彼の絵をゲットしました。
彼氏の絵を気に入った人は多くて、個別に描いてほしいという依頼もあったみたい。



このお金は、子供の音楽団体に寄付しました(^^)
家庭環境が複雑な子供や、体の不自由な子供に「音楽」という道を与えることで、新たな可能性や希望を見出す音楽団体があるんやって。
そして、この絵をゲットした人は自分のためにではなくて、身内の引越し祝いのプレゼントにするそうです。

こうして皆が人のためにすることで、人の心や気分は良くなっていくんだなと素直に感じた。「自分が!」という気持ちだけで、人は大きくなれないし、幸せにはなれへんのやな。
私は日本におるとき、チャリティーなんて全く興味もなかった。「余裕のある人がするもの」とまで思ってた。
チャリティーって大金をつぎこむことだけと思ってたけど、そうじゃないな。
お金はもちろんそうやけど、いろんな人の気持ちや何かを「良くしたい」気持ちから始まり、連鎖していくものなんかも。



日頃、人に優しくしたり、優しい言葉をかけることで充分誰かの助けになってる。
帰るとき、彼の友達のママ(初対面)にお菓子のでっかい詰め合わせもらいました!!(^^)「これチョコやジュエリーも入ってるし、持って帰って」と初対面の私たちに渡してくれました。(食べきれないほどのチョコだったので、友達とシェアして、幸せをおすそ分けしました♡)





















きっと私がチョコ好きなのを彼の友達は知っていたからかな?(笑)
何だか初対面でも、ずっと前から顔見知りのような雰囲気で、いろんな事をしてくれる人に出会う事が多くて、感謝の気持ちでいっぱい。
私も、こんな人たちみたいになりたいって強く思う。




彼の友達、ジョール。
一緒に仕事もして、仲良しみたい(^^)


話は逸れましたが…彼の絵をみて思うことは、彼の絵には色んな描き方があって、どれとして同じような絵がない。可愛い絵も描ければ、クールな絵、ピカソのような「何の絵?」と感じる絵や今回のような絵も描ける。
Winnipegの新聞やFacebookにも彼のデザインした広告が載ったりと多才すぎて驚く。

彼のウェブサイトも貼り付けているので、良かったら見てください。絵やデザインなど、たくさん載っています。





こちらの絵、縦1m, 横2mのキャンバスにダイナミックに表現。
「鯉の滝登り」というイメージのようです。これは、震災チャリティーイベントのライブペイントで、「辛い時期を乗り越えて、大成する」という意味を込めて描かれた。

他にも気になる方はこちら→ Q's website

彼の英語勉強用の本も日本で発売中なので、興味ある人は書店に立ち寄ってチェックしてね〜〜〜(^^)

Thank you for reading, xoxo♡



♥PLZ FOLLOW ME!♥



  


★ライターをしているメディア★


下記のメディアでライターとして記事・翻訳記事を執筆しています!よければ読んでみて下さい!






COSMOPOLITAN(ウェブ日本版):女性向けの翻訳記事などを書いています!









海外ドラマBOARD:海外ドラマ&映画情報やゴシップ記事などを書いています!

コメント

  1. 今回は顔出しOKだったんですね��

    サイト拝見させていただきました。
    ロボットのやつと、背中に羽根が生えている作品が好みでした。
    あと、ジェイソン嫌いですけど、好みです
    とても悔しいですが(笑)

    返信削除
  2. コメント&サイト見てくれてありがとうございます(*^^*)
    彼も喜ぶと思います^_^

    返信削除

コメントを投稿

Thanks for commenting! コメントありがとう!