【本のレビュー】イノセント・デイズ

今年に入って、読書にハマっています。
たくさん読んでいるのに、読書記録つけないのは何だか勿体ないと思い、少しずつですが、お勧めしたい本のレビューを書いていきます。






文章が下手かもしれんけど、ご了承下さい^_^

読んだ本:イノセント・デイズ
著者:早見 和真
評価:★★★★☆





あらすじ
田中幸乃は、元恋人の家に放火し、妻と双子の娘を殺害した罪で死刑を宣告される。
凶悪な犯行の背景には、何があったのか?彼女の周りにいたかつての友人、義姉、元恋人、産科医の話で浮かび上がる彼女の過去。その真実は、あまりに悲しいものだった。


感想
読み終わると、ものすごく悲しい気持ちになった。こんなに報われずに不幸続きの人生ってあるのかな?って。私も学生時代や家族のことで、共感できることがあって、もし、自分が行動せずに『仕方ない』と受け入れ続けてたら、この幸乃のようになったのかも。とか考えるとめちゃ怖くなった。最後は、ただ無力感に陥る。笑

この物語の主人公である幸乃は、ほんとに純粋無垢。ちなみにタイトルのイノセントの意味は『純粋』や『無実』。この物語にダブルの意味があるなーと。

幸乃は人を信じて疑わないがゆえに、信じた人に裏切られ続ける。いつしか、彼女は『生きる』ことより『死』を望むことに。元恋人の妻と双子を殺めて、死刑が執行されるまでの間も再審も求めず、抗うこともせず、かつての友人が彼女が起こした事件の真相を追い求めようとしても、それを望まない彼女。

本当に『生きる』ことに失望、人生に対して受け身な彼女に切なさを覚える。周りの人たちも、愛情に飢えた彼女に『幸乃が必要』と自分の都合が悪い時にだけ吐き出すのが、私は怒りすら覚えた。

何をどうすれば、そんな考えになるのか、登場人物全員の心が闇に包まれてるなと。他の登場人物もそれなりに苦しんでるけど、幸乃を踏み台にして幸せになってる感じがやりきれない。

すごく後味が悪い終わり方に、気持ちがモヤモヤしたけど、そこにリアルさを感じる。幸乃の幸せな別の人生も考えてしまう。

よく私らがみる凶悪なニュース。テレビでは、大々的にそれを取り上げて、あることないことを報道。『死刑』は悪い!良いって議論するのは、必要かもしれんけど、何も知識なしに死刑に限らずジャッジするのは違うんやなと考えさせられた。

テレビから情報を私らは、ただ鵜呑みにする日々。凶悪なニュースだけでなく、友人同士の噂話を鵜呑みにして、イジメが始まるのも相手のことを何も知らず考えず、情報に左右されてるだけやから、悲しいことが起きるのかもと感じる。

ぜひ、みんなに読んでほしいお勧めの一冊です(*^^*)♡


コメント