カナダに来て3年、驚くほど成長した自分

毎年11月20日は、誕生日以外で私自身のお祝い。
早いものでカナダに来て3年(今年、一回日本へ帰ったけど)
3年目を迎えた今、自分でも驚くほど成長したな〜と感じています。






「3年もいたら、英語ペラペラやろ?」とか聞かれます。何を基準に”ペラペラ”かは分からんけど、私は自分でまだまだ勉強中と思っています。というか、今ようやく英語の”学び方”が分かってきた感じかな(笑)

毎年カナダ生活を振り返り、思うことがどんどん変わってくる。
1年目は「英語に関して」の成長を感じたし、2年目は「英語と同じくらい大事な文化や人種」について考えてきました。



3年目になる今年は「自分自身」が大きく成長したと思います。
日本(少なくとも私がいた環境)では、自分の考えなんて言わずに日々を流れるように生活していれば、生きていけたし働けた。
頭も使わなくても、言われたことをやっていれば周りは満足。意見を言ったり、考えを話したりすると嫌な顔されることもあった。

そうやって周りの顔色を伺うのは得意になったよね(笑)
正直、カナダではそのスキルはあまり役に立ってない気がするけど(笑)

カナダに住んで3年目…自分に足りていないのは”英語力”はもちろんやけど、人と会話する時に自分の意見を言えないことが話題が広がらない原因になってる。そもそも人や物事に”興味”を持たなかったのが良くなかったんやと思うねん(笑)



世の中で起きていること、今まで起きたことに何の関心もなかった。それを知らんでも生きていけると思ってたから。

だけどカナダ(少なくとも私の環境)では、知識を持ってる人や”自分自身”の考えをしっかり持ってる人が多い。だから、そういう人たちに私の”考え”を聞かれると「…Uh…I…like it」としか言えないんよね(笑)

例えば「なんでそれが好きなのか」「好きになったキッカケは何?」とかが分かってれば話はもっと広がるねんな(日本語でもそれは一緒と思う)。



さらに私は「人からの評価」にすごく怯えるクセがあったし、「人に嫉妬」もしてた(今でもそのクセは時々現れる)。

「これを言ったら、人にこう思われるかも」「これをしたら、人に変な目で見られるかも」って考えて、自分の思った通りに行動が出来ひんかった。英語もライターのお仕事も人と比べて嫉妬する日々やったし(笑)

この1年”自分”と向き合って、「私はこうしたい!」「私はこれが好き!」っていう感情ははっきりしてきた。

それに今までは”他人”を中心に自分のやることを決めてきたけど、今は”自分”を中心のやりたいこと決められるようになった。




まだ「自分がどこまで出来るのか」は分かってなくて、ブレブレやけどこれも練習していこうと思う。最近思うようになったのは、自分なりのペースで、やりたいことを楽しくやればいいんじゃないかって。

人には得手不得手もあるし、頭の使い方が上手な人とそうでない人もいるし、器用な人とそうじゃない人もいるからね。人と比べたままでは、何も上達しない。自分の求めているものも分からない。そんなん何も楽しくないやんね。

カナダ生活3年目は、自分がどういう人間かをしっかり見つめてる1年です\(^o^)/
これは毎年というか、よく言うてるんやけど…ほんまに私はカナダが大好き♡

日本にいたら”自分”を見つめることがないまま、ロボットのように生きてたと思う。カナダに来て、日本の考えが通用しないこともあるって気がついたし、自分の”考え”がいかに大切なのかも知った。




あとは、カナダで出会う人たちが大らかで「あなたは1人の人間ですよ。あなたの意見も尊重しています」という姿勢を持って接してくれる人が多い。日本では「みんなと同じじゃないとダメ。こうすべきでしょ!」という個人の考えと気持ちを押し付けて”日本の常識”とか”普通”として押し通す人も多かった。

結婚とかもそうやんな?「30歳までに結婚して、子供産まないとアカン」とか「女の幸せは、結婚」とか言うてる人が多い。そんなんも個人の自由と思うし、人が口出しするものでもない。

話は逸れましたが、他人が他人を認め合っていくと息苦しい思いもしなくていいし、人にどう言われても自分がしたいこと(犯罪以外)をすれば、それは自分がハッピーになると思うねん。




結婚、恋人、人生も自分がハッピーになる道を選んで下さい!

いつも読んでくれてありがとうございます\(^o^)/


コメント