お金に好かれる人とそうじゃない人の差って何?





突然ですが、私なりの「お金」についての持論をお話ししようかと思います。


私は子供の時から、お金でケンカする両親を見てきて「パパとママはお金と結婚しているのかな〜。お金を取り合っているのかな〜」と思っていました。

世の中には、金の成る木でもあるのかと思うくらいお金が入ってくる人がいます。
反対に、寝る間を惜しんで頑張って働いても充分なお金が手に入らない、私の両親のような人もいます。

両親を見ながら育ち思ったのは、「お金に好かれる人とそうじゃない人っているんだな」です。きれい事を並べず、素直に「お金」への考えを綴りますね。

お金に好かれる人とそうじゃない人の差は何なのかと考えました。



それは…執着を持つか持たないか。

お金に貪欲になりすぎて自分も家族も見失い、お金が逃げていく人を見てきました。逆に、ある程度働いて驚くくらいの大金が入ってきても、質素で人に謙虚なお金持ちも見てきました。

前者は、「お金が欲しい!!!足りない!!」とがむしゃらにお金を追い求め、後者は、「お金はきちんと入ってくる。大丈夫」とドンと構えています。

これが執着しているか、していないかということです。

お金を持ってる人は、見返りなんて求めずただ「人にしてあげたい、喜んでほしい」って気持ちで相手のためにしてあげられる人。その為にはお金を惜しまないんですお金に逃げられる人ってのは、「金、金…金が全て!大金持ちなってやる」って鬼の形相になっている人。お金は怖がって逃げていきます。

恋愛で振り向いてもらえない相手に、色々なアピールを試みるけど好かれるどころか引かれたり、嫌がられたりする経験ってないですか?お金が逃げるのは、それと似ています。

「金、金…」と言ってる人、一生懸命働いて充分なお金をもらって生活できてますか?家族も自分も幸せですか?もし頭を抱えているようなら、あなたの幸せはお金ではない別のところにあるはずです。

お金が自分の全てを幸せにしてくれません。一生かけても使い切れないお金があっても、家族も友達がいなかったら寂しいです。一緒にご飯を食べて「美味しいね」って言える相手がいるから、外食や旅行も楽しい。お金は大事ですが、それ以上に人との関わりが大事と思う人の元にお金は自然と入ってきます。人との関わりというのは「人脈」や「コネ」の意味ではなくて、家族や友達など自分を大切に思ってくれる人たちのことです。お金がある・ないに関わらず、人に与えてもらったこと、人と何かをした時のことって心に思い出が残っているものではないでしょうか?




それから、お金の話(ネガティブ)ばかりする女性は表情に気をつけて下さい。
お金の文句を言っている時の女性の顔は、実年齢 + 10歳くらい老けて見えます。自分では表情が見えませんが、お金の話をした時に相手の表情が引きつってきたら、その話を止めることをオススメします。

恋人/結婚相手に求める条件を「結婚相手は年収◯千万」「職業は安定してる人」と考える人は、男性の本質をよく見極めないと騙されるか苦労します。本当にお金を持っている人やお金に好かれる人は、心に余裕があってお金をもってることを自慢しません。


お金に関わらず、どんな物事でも「執着」には気をつけてください。
「執着」というのは、「足りない」からそのことばかりを考えてしまいます。
人は「足りない」と感じると、今あるものまで見えなくなり幸せを感じることが難しくなります。私の両親がまさにそうでした。そんな両親のいがみ合いを見て、「お金に振り回されないで生きよう」と思い、それなりに生活もできて心はいつも裕福です。





「お金」に生かされないで、「お金」も人のように大切に扱って下さい。お金があるから好きなものが買えて、住む場所もあって、食べたいものも食べることができる。それはお金から得る”幸せ”と思います。

だけど自分の頭の中を”お金”のことで支配するのは、心を貧しくしていきます。お金に好かれる人は、心が裕福です。私が旦那さんと結婚を決めたのは「お金があってもなくても、この人と頑張っていける」と思ったからです。セレブのような贅沢三昧で、豪邸に住んでいるわけではないですが、自分も旦那さんも幸せです。

お金をたくさん稼ぐのは大変ですが、心を裕福にすることは今からでもできます。
以上、私が思う”お金”に対しての持論でした。




コメント