カナダのクリスマスとお正月は、日本と全然違う?


Merry Christmas!!!



あと1週間ほどで、今年も終わりですね。
カナダでクリスマス&年明けを迎えるのは、今年で4回目。
私が出会ってきた人や経験したことですが、日本とカナダでクリスマスと年末の過ごし方って全然違う。

まずカナダに来て驚いたのは、クリスマスやお正月はファストフード店以外のお店がお休みになります(元旦に引っ越しした時、お店が閉まってて布団やら生活用品が買えなくて、困ったことがある)。

日本人の私からしたら、「クリスマスやお正月こそ儲け時やん」と思ってたけど、みんな家族とのんびと過ごすのが普通のよう。私は日本でクリスマスもお正月も働いてたから、意外やったけど「もっと家族との時間を日本人は大切にすべき」って今なら思うな〜。

クリスマスは家族が集ってゲームしたり、映画見たり、家の周辺をお散歩したりする。私の感覚やけど…カナダのクリスマスは日本のお正月みたい。いつもは離れて暮らす家族が集って、ターキーを食べて、のんびりする。

カナダでは、クリスマスの次の日の26日には”ボクシングデー”というセールがあるねん。
「ボクシングデー?みんなで殴り合って、セール行くの?」って日本の福袋みたいな争奪戦かと思ってたんやけど、そうではないよ。

”ボクシングデー(Boxing Day)”は、教会が貧しい人のために寄付を募り、クリスマスプレゼント(Box)を開けることから、そう呼ばれるようになったんやって。殴り合いとは程遠い、平和な考えです。笑



なので、26日のショッピングモールは人が集まって大忙し。カナダのウィニペグは、そこまで人は多くないけど、都会なら早朝から長蛇の列(アップルの新製品発売の日みたいに)。
私も、明後日のボクシングデーに行きます!ラップトップとライフプリントが安くなっているか、見に行く!(*^^*)安くなってたらいいな〜♡

カナダの年越しはというと、ゆるーくのんびりと新しい年を迎えてる気がする(これも私の経験上)。

日本では12月になると皆大忙しですよね。お店はセールに向けての準備、大掃除で断捨離、おせち料理づくり。日本のお母さんってほんとうによく頑張ってるなとカナダに来て初めて思った。気を抜くことを知らんくて、自分に無理をさせるお母さんも多い。

私の経験したところ、カナダでは家の中を全部キレイに大掃除をしなきゃということは周りからあまり聞かないし、私がするカナダの年越しは、カウントダウンに行くくらいで元旦は家でのんびり。






どのお店もほとんど開いてないから、家でNetflix見るか外に出て散歩くらい。日本で年越し蕎麦食べながら紅白見たり、ガキ使見たりする年末が少し恋しい時がある。初詣も行きたいと思うけど、あの人の多さは無理。私の地元(田舎)でも、年始は人でゴッタ返してるし…。神様もお願い事、聞くの大変やろうな〜。

こうして違いを見てみると面白いよね。
日本ではクリスマスに恋人がいなくて、「ぼっちクリスマス」って嘆く人もいるけど、元々は家族と過ごす日やし恋人いなくてもいいやん。1人でも家でNetflixで好きな映画やドラマみて、ケーキやスイーツ食べてもいいやん。家族で食事にでかけてもいいし。何もアカンことない。



それを「クリスマスに恋人いない=寂しいやつ」と決めつけてる人もおるけど、寂しいかどうかなんて本人が決めることやん。周りが決めることちゃう。

クリスマスも年越しも自由に、それぞれが過ごしたいカタチで過ごすのが一番。「こうじゃなきゃアカン」ていう過ごし方はないと思う。ここに書いてることは私が経験したものであって、他の人に聞けばまた違う過ごし方もあるよ。



そういう意味もあって、私はカナダのクリスマスや年越しが好き。

PLZ FOLLOW ME!

Twitter Instagram

コメント