彼と出会ったことで、私の人生はより良いものに。



カナダは昨日がバレンタインだったので、バレンタインくらい惚気けさせて下さい。

大げさかもしてんけど、本気なので書きます。
旦那さんのたかさんに出会って、私の人生はいい方向に変わりました。
たかさんと出会うキッカケ、カナダに行くキッカケをくれた人にまず感謝(この人については、また今度)。




カナダに来る前のことは、長い夢でも見てたようにボヤ〜としか思い出せへんねん(記憶喪失を疑ったこともあるほど(笑))。
忘れたいこと、思い出したくないこと、腹立たしいことでいっぱいやったから。誰かといてもずっと一人ぼっちな気分。「愛されたい」と思っても、与えられるのは暴言や偽物の気持ちで、「どれだけ私を傷つけたら満足すんねん。私はお前らのストレスボールやサンドバッグちゃうぞ」って思い続けてきたんよね。

そこから抜け出すために、ひたすら自分が幸せになる道を探して、失敗して、傷つけられて、失って、心は使い古された雑巾みたいになってた。束縛、責任、犠牲っていう嬉しくない足かせをひきづりながら、「幸せ」っていう道を探してきたんよね。

「もう…どうでもいーや。疲れた」ってなった時に、たかさんと出会うキッカケをくれた人に出会い、たかさんと付き合い、1つずつ足かせもとれて、心も軽くなって、4年たった今の私は私らしくいられる



私の見た目、性格、考え方を変えてくれた。彼は私の旦那さんやけど、ベストフレンドであり、時々お父さんのようで、私の全てを良くしてくれる。良いところは良いと褒めてくれて、悪いところは責めずに良い方法をいつも一緒に考えてくれる。

今までの私は「誰かに嫌われるのが怖い」「認めてもらいたい」って気持ちが人一倍強くて、いつも”完璧”でいなアカンって思い続けてきて、人に弱みを見せるのも頼るのも嫌だった。男性に依存心が強かった私は、心は健康的ではなかったと思う。


たかさんは、私の不完全な部分も未熟な考え方も全部受け入れてくれる。昔の私はすぐに怒って、自分をコントロールできず、八つ当たりをたかさんに繰り返してきたんよね。彼は、1年以上かけて私の短気と向き合ってくれたおかげで、今では別人のようにちょっとのことで怒らなくなった。人間、変わろうと思えば変われるもんやな。

他にも体調が悪い時は温かいお茶を作ってくれたり、栄養のあるご飯を作ってくれたりする。私の気持ちが落ち込んでる時は、ずっとハグしてくれて、気の済むまで話を聞いてくれる。私が間違ってる時は、厳しく叱ってくれる。できた旦那さんです。ほんま。


彼はいつも「怠けるのはアカンけども、したくないことを無理にしなくていい」「自分を変えなくていい」「笑いたくないのに、笑う必要もないし、自分の気持にウソはついてほしくない」と言ってくれるし、信頼がおけるから、どんな自分も見せることができる。「もっと楽していいんや。気を張ることしんくていいんや」って彼から学んだ。


ウチらはお互いを「幸せにしよう」なんて考えない。「幸せ」を感じるのは自分。人によって「幸せ」と感じる方法は様々。
人からもらう「幸せ」って一瞬やねん。高価なプレゼントも美味しいものを食べさせてもらうのも、素敵な場所にデートへ行くのも。その幸せのために相手はたくさんのお金を使わないとアカン。お金には限りがあるよね。それの限界がきたら、終わってしまう関係もある。金の切れ目が縁の切れ目ってやつ。

でも自分が自分で「幸せ」になる方法を知っていると、相手に期待や依存しない。してほしいことはしてって言うし、嫌なこともきちんと伝える。お互いのやりたいことや考えを尊重してるねんな。



ウチらは自分たちの関係に無理はしてなくて、いつも素でいる。高級レストラン、ホテルのスイートルーム、ブランド品のプレゼント。私は、そんなん堅苦しくていらん。マクドやピザ食べて、家でNetflix見て、ふざけたことで笑ってるのが楽しい!笑 彼となら、どこでも何しても楽しい\(^o^)/笑

こんな素敵な男性に出会えるとは思ってなかった。私は誰とも結婚せんやろうなと思ってたし、自分が自分らしくいられる男性と付き合ったことがないし、そもそも結婚にいいイメージすらなかったから。


彼とはケンカもするし、彼が賢すぎて「追いつけね〜!むかつく〜」って思うことも多々ありますが、毎日お腹抱えるほど笑って、お互いを高めながら生活してます\(^o^)/

惚気を読んでくれた方、ありがとうございます。

Taka-san
I know you see my blog. I am proud of you a lot. You always make me happy. You are the best husband in the world. My life is so much better after I met you. I can’t thank you enough. I love you so much from the bottom of my heart.

MAI







コメント