【読書ログ】『悪いものが、来ませんように』芦沢 央


『聖母』を読んだばかりで、読書友達に勧めてもらった『悪いものが、来ませんように』。お話しの作りと展開は面白かったです。

私が母親でないからなのか、共感度はイマイチでした。
こういう小説を読むと…改めて女友達、母娘、姉妹という女同士は難しいなと痛感。


あらすじ
育児に悩み、ボランティア活動でも周りに馴染めない奈津子と助産院で働き、不妊症と夫の浮気に悩む紗英。親友以上で家族のような2人は、いつも何をするのも一緒。そんなある日、紗英の夫が遺体で発見され、奈津子と紗英の関係が大きく変わり始める。

感想

私の評価→★★★☆☆

最初、数ページは女独特のネチネチ感とウジウジ感にイライラ。
「それ、自分たちで話をややこしくしてるんちゃう?」と思ってしまい、そんな悲劇のヒロインにならんくても…。
読み進めていくうちに、「え?そういう展開?そういうことだったの?」と見事に作者のトリックに引っかかった!
「ん?なんで?なんか食い違う」と思ってきたのをスルーしてしまったから、トリックを見抜けなかった(;´Д`)


この小説の登場人物のような発想から、毒親や共依存する母娘が存在するんかな?
自分が果てせなかった夢を子供に託す母親、子供の人生を良いものにしたいがためにコントロールし、束縛する母親、自分の価値観が正しいと思い、自分の考えを子供に押し付ける母親、子供の問題を全て母親が解決するなど。

夫が妻に家事と育児を任せきり、母親が頼れる家族や友達が周りにいない、見栄っ張りな母親は周りのお母さんと自分を比べると、子供はいつしか自分の”所有物”になってしまう。

子供は守ってあげなアカンし、幸せになってほしいと考えるのが親心っていうのは分かるけど、子供を”個人”として認めて、考えや行動を尊重してあげないと…。


母親だけのせいじゃなく、パートナーはもっと育児に協力してあげて、奥さんを褒めてあげなアカンと思う。
周りの家族もサポートしてあげないと”お母さん”は潰れていく。
心の拠り所が、子供だけになって”依存”してしまったら、いつまでも子供から離れられへん。

この小説を読んで、素直にそう感じました。

PLZ FOLLOW ME!

Twitter Instagram

コメント