【読書ログ】『Aではない君と』薬丸岳



何この、切なさ…。
少年犯罪についてのお話しを書く薬丸さん。私たちが他人事と思って見る、現実のニュースの内容は、加害者目線、被害者目線では大きく異なってくる。



あらすじ
14歳の息子・翼が同級生を殺害し、逮捕。事件を起こす直前、翼は父親に電話をかけていた。両親や弁護士に事件の真相を語らず、黙ったまま。あの日、電話に出ていたら…。息子のSOSに答えられなかった父は、どうにかして息子の心を開こうと向き合うが…。

感想

私の評価→★★★☆☆

小説を読んでいると、どこかに一箇所は心をギュッと掴まれるような言葉に出会う。

「心を殺すのと体を殺すのどっちが悪いの?」

重く響いた。心も体も傷つけていいもんじゃない。
生きてればやり直しはきくけど、死んでしまったら全部終わり…と私は思ったから、体を殺す方が罪は重いのかも。
いつも薬丸さんの小説を読むと、考えさせられて、読後が切なくなる。
読書友達に勧めてもらった「虚夢」を次は読むよ!\(^o^)/

PLZ FOLLOW ME!

Twitter Instagram

コメント