「SNSで時間を無駄にしているな〜」と思う人に読んで欲しい


気がつけば、SNSで何時間も画面スクロールしたり、見たくないものを見て気分が落ち込んだりしていた私。旦那さんに、SNSの上手な使い方とオススメのアプリを教えてもらいました^_^


私は、先週から時間の使い方を意識するようになりました(今頃って感じやねんけど)。
「フリーランスって、時間いっぱいあっていいよね」「自由に働けるよね」って思われます。たしかに時間はあるんやけど、自分で管理しないと何日も無駄にできちゃいます。

先々週の私は、記事を1記事書いて終わり。「それ以外、何してんの?」って自分でも疑問。でも…よく考えてみると、私は暇さえあればスマホを触って、SNSを見てる!?
まるでティーンエージャー!(;´Д`)

Twitterを見ると、誰かの悪口が書かれていて、見ているだけでもうんざりするツイートが多い(何をつぶやくかは個人の自由なので、私が見ないようにすればいいだけ)。「それを浴びるように何時間も画面をスクロールしてんのはどうなの、私?」。


Twitterをやめることも考えたけど、最新のゴシップニュースは、Twitterで流れてくることが多いし、お気に入りのツイートもあるし、やめたくない。


SNSで時間を無駄にしない為に…

そこで、Twitterの『リスト』と『Hootdsuite』アプリを活用。
Twitterに『リスト』っていう項目があるんやけど、それを使ってカテゴリ分けしたら、自分の好きなツイートだけを見ることができます。

どうやって作成するの?




私のリストは、お仕事に関係するツイートをフォローしています。
iPhoneだと自分のアイコン写真をクリックし、『リスト』をタップ。
このリストの右上の紙マーク?をタップしてリスト名を入力。



この時、『非公開』を選択。ここを『非公開』にしないとフォロワーさんに、リスト追加したことが分かります。


「別に知られても問題ないよ」って人は、とくに気にしなくて大丈夫です。私も恥ずかしいリストはないけど、みんなに通知がいって「何なの?コレ」って言われるので、『非公開』設定にしています。

私は以前、リストを細かく分けすぎて、逆に見にくくなったので5個くらいがいいと思います。リストの作成ができたら、リストに追加したいアカウントのページへ行きます。


リストに追加したいアカウントさんのページの設定マークをタップ。
それで「リストに追加/削除」をタップして、リストに追加するだけ。
フォローが多い人は、カテゴリ分けやリスト分けが大変かもしれません。

『Hootsuite』アプリって?


『リスト』を作っても、毎回Twitterのマイページの『リスト』ボタンをタップして見に行くのは面倒。

そこで、アプリの『Hootsuite』を使います。Twitterだと『リスト』を一個一個を見ていかなアカンけど、このアプリは開いてすぐにリスト分けしたツイートが見れます。

どうやって使うの?

パソコンから設定します。


『Hootsuite』にログインして、「ストリーム追加」ボタンをクリック。そうするとSNSアカウントやメニューが出てきます。「リスト」をクリックして「プロフィールを選択」っていう部分をTwitterアカウントに設定。


そうするとTwitterの『リスト』が出てきます。ストリームに追加したいリストをクリックすれば追加されます。


私は8個あるリストを『work』と『Favorite』に分けました。仕事でよく見るゴシップ、TWD、海外ドラマを『work』カテゴリに。友達や好きなセレブを『Favorite』カテゴリに分けています。

スマホのアプリから見るとこんな感じ。



スマホだと画像やコメントが表示されないから、ちょっと見にくいのが難点。パソコンでは写真が表示されるし、複数のアカウントが表示されるので見やすい。

実際に何か変わった?

まず、気持ちが変わりました。今までなら、ホームに現れる、誰かがライクやリツイートした悪口の類ツイートを見なくなったから、嫌な気持ちが減った。

次に、時間ができた。見たいツイートが現れるまでスクロールしなくて済んで、見たい情報だけをすぐに見られるから、時間の無駄が減りました(*^^*)

こんな感じで作業してます。左画面で文字入力。
右画面でツイートをチェック。

家事や寝る時間以外に、毎日1〜2記事書いているし、ブログの下書き・投稿もできてる。コンテストの作文を書いたり、本を読んだりする時間もできました。

「SNSで時間を無駄にしてるな〜」と思う人は、ぜひ『リスト』と『Hootsuite』を活用してみて下さい。

ここまで読んでくれてありがとうございます(*^^*)

PLZ FOLLOW ME!

Twitter Instagram

コメント