私の心をつかんで離さないもの…♡



もうコレなしでは生きていけない?



人生で初めて、ノートを使い切りました…。
文房具が大好きな私は、シールやマスキングテープやペンを大量に買ってしまいます。

中でもノートは何冊あっても足りないくらいで、「良い」と思ったものはすぐ買ってしまう。
旦那さんに「使い切るまで、他のノートは買ったらアカン!」と止められるほどでした…。
それ以降はむやみに買わず、半年で1冊を使い切ることに成功!

このノートが私の心をつかんでる理由

・紙質が良く、書きやすい
・レイアウトが決まってないから、自分の好きなように書ける


Before&After

ピンクのノートが今まで使ってたノートで、こんなに太くなりました(ブランドは同じ)。

今、一番のお気に入り!



私の使ってるノートは、LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム)。
ドイツ製の文具メーカーで、バレットジャーナル用ノート。

私が知っている限り、カラーは15種類あります!
サイズはA5で、持ち運びも楽!シンプルだから、カラーのノートでもオシャレに見える♡
ノートのメーカーが、覚えにくいので『ロイ』と呼んでます。


カナダの本屋さんで購入して、21ドル(安売りの場合)でした。
通常価格は30ドルくらいです。
始めは「ノートに2000円って高いやろ!」って思ったけど…
書き味、手触りが良く、ハードカバーなので丈夫。その金額出して買う価値ありでした!

日本のノートは紙質がいいものが多いから、ロイやモレスキンじゃなくても、安くていいものが手に入ると思う。
カナダのノートは、日本ほどサラサラして上質な紙って少ない。
でも、ロイは私にピッタリのノート!

中身は?



サンキューカードと説明書(英語、フランス語、ドイツ語)が入ってます。
表紙や背表紙に使えるノートのタイトルシールも付いています(私はこのシール使ったことない)。


裏表紙の内側には収納ポケットがあって、メモや小さな紙が収納できる!
あまり詰めすぎるとパンパンなるので、注意。



目次付き。ひと目で、どこに何が書かれているか分かるから便利。
しおりのヒモもついてるし^_^



ページ数の記載ありで、バレットジャーナルをする人にはオススメ!
方眼タイプ、無地タイプ、ドットタイプがあります。
自由にノートをレイアウトできて、線が引きやすいから私はドットタイプが好き♡

カラーが15種類以上もあるから、どの色にするか迷うんやけど、今回はゴールドにしました!全カラーを集めたい!笑

ノートの使い方

バレットジャーナル用のノートと書きましたが、使い方は自由。
私はバレットジャーナルというより、自分記録にしてます。

私は自分と向き合うのが下手で、落ち込むと自分を責めるクセがあるから…
自分ができたこと、悔しかったこと、感じたことなど気持ちや頭に浮かんだことを書いてる。

スクラップブックや文字を書くのが好きやから、自由な形式で書けるノートは本当に助かる。4月からゴールドノートを使い始めようということで…切り抜きをペタペタ。

<始めのページ♡>



<4月のページ♡>



購入した本のリスト表から、いつも始まる。
新しいノートって、ワクワクする!
文房具が好きな人、バレットジャーナルに興味がある人は使ってほしい。

PLZ FOLLOW ME!

Twitter Instagram

コメント