【読書ログ】『怒り(上下)』吉田修一


あなたの恋人、親友、同僚が殺人犯だったら…どうしますか?

読後…言葉を失いました。笑
悲しい&切ない…。でも私は、好きな作風でした。


あらすじ
東京の八王子で若い夫婦が殺される。現場には「怒」という血文字が残され、犯人は逃走。犯人は山神一也(27)と判明するも、行方は知れず、捜査は難航していた。
事件から1年後、千葉の港町に住む槙洋平・愛子の親子、東京の企業で働くゲイの藤田優馬、沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉。別々の場所で暮らす彼らの前に、身元不詳の男が現れる。

感想

私の評価→★★★★★

冒頭から怪しげな雰囲気を醸し出し、事件の謎解きが進んでいくと思ったら、殺人事件の話は脇役のように感じた。逃走した犯人は顔を変えて、どこかに潜伏中。
犯人の顔の特徴が書かれた手配書を全国に配り、千葉・東京・沖縄に住む、身元不詳の男が犯人に似てると疑い始める…。

信頼していた相手が、殺人犯かもしれないと思った時、私たちはその人を信じられるのかという部分に重点が置かれてる。


上下巻でお話しが進む。
上巻は身元不詳の男たちが出会った人とどうやって関係を築いていくのか、下巻は手配書が彼らに似ていることから、全部が嘘に思えて、怪しい点を発見していく。

小説に出てくる、身元不詳の男3人中1人が山神一也だけど、推測が難しくて混乱。3人共、怪しく思える。このお話しは「信じる」がテーマで、「信じたいのに、信じるのが怖い」、「信じて間違ってた」の2種類だった。

自分の身近な人が「殺人犯かも」と思ったら、本人に単刀直入に聞くのは怖いけど、ここに出てくる登場人物はみんな回りくどい印象を受けたかな。

「本当のことを言えば、通報しないから」と言われた方は「怒らないから、話して」って言われてるように感じるし、身近な人に疑われるのはいい気もしない。
お互い隠さずに思ったことを話せば、もう少し違う未来があったのかな〜。

犯人が誰か何となく想像はついたけど、ラストがあんなことになるとは予想できなかった。


「信じる」がテーマだったけど、タイトルのように登場人物は自分への、相手への、周りへの「怒り」があった。
私も”短気”な時代があったけど、やっぱり「怒り」で行動すると、幸せな結果につながらない。自分の感情がコントロールできなくなるし、冷静な判断もできなくなる。この小説で改めて、「短気」は「損気」やなと実感(´;ω;`)


初読みの作家さんで、ファンになりました!
この方の違う作品も読んでみよう!

PLZ FOLLOW ME!

Twitter Instagram

コメント